Minecraftマルチサーバー「おこ鯖。」の公式Wikiです。



建造物保護(WorldGuard)について

建築物や壊されたくないものを保護して、荒らし(ブロック破壊など)を防ぐことが出来ます。
また、特定の誰かのみブロックをいじれるようにするといったことも出来ます。
メイン系ワールド・建築・ショップワールドでは保護を行わないと建築ができません

※ 画像の黒いグリッド線は WorldEditCUI というModの表示です。バニラ環境下では表示されません。

概略図

保護のやり方について

1. ツールの用意
木の棒を用意します(//wand コマンドでも入手可能です)。

2. 範囲を選択
木の棒を手に持ち、保護したい範囲を選択します。選択したい範囲を左クリック(始点)と右クリック(終点)で指定します。
範囲選択が完了すると、画像のようなパーティクルが出てきます。

下の画像では、黄緑ブロックを始点、水色ブロックを終点に設定しています。

3. 範囲を広げる
このままの状態では、保護をかけても建物すべてに及びません。
//expand vert
を実行するとパーティクルが上に伸びます(「/」は2個です)。
これで岩盤から空中すべての範囲が選択されます(Y0からY256まで)。


4. 保護をかける
手順3の通りになったら、次のコマンドを実行しましょう。
/rg claim <自分のMinecraftID>_<保護したい名前>
例: /rg claim moegi_testregion

上のコマンドを実行すると、下の画像のようなメッセージが出ます。
A new region has been claimed named '指定した保護名'
(「指定した保護名」という新たな領域を設定しました)



これで土地の保護ができました。
補足: 保護の確認
保護した領域内で/rg iとコマンドを打つことで保護を確認できます。
また、領域内に立つことで以下の画像のように保護領域名を確認することもできます。



保護の <自分のMinecraftID>_<保護したい名前> の形式は必ず守ってください。


メインワールドの土地について

メインワールド(第三次メインワールド)の利用可能な土地について紹介します。
保護可能な領域は以下のとおりです。









2枚めの区画は有料となっていますのでお気をつけください。
また、有料区画を購入する際は管理者までお申し付けください。1区画50万円となっております。
3枚めの区画のサイズは自由です。部分的な利用に適した区画ですので、
特に大規模建築するなどでない場合は、一括りで保護しないでください。

保護領域設定

自身の保護領域内の詳細設定を行うことができます。
例えば他のプレイヤーに領域の編集権限を与えたり、領域内においてPVPを禁止したりできます。

クリックでオープン!




広告

Menu

ワールド情報

ロビーサーバー
  • フロアロビー?
メインサーバー

ユーザーガイド

データベース

スキル

PvE(RPG)

攻略

ボスステージ

Discord

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!